2017年7月22日土曜日

ハートストーン☆☆

2017年7月22日 ハートストーン ☆☆

「アイスランドの鄙びた港町,幼馴染のソールとクリスティアン,大親友の二人は」なBLかショタ系の映画なのかな?と思ってたけど,そういったフレーバーもあるけど,アイスランドの田舎町,いや,予告で見た他の北欧映画もそうだけど,恐ろしいほどの偏見と差別があるのよ.
で,この田舎町,日本にもよくある「初体験が同級生なら恋愛も同級生,結婚も不倫も同級生」みたいな過疎の町.その閉塞感なのか,少年達が実に暴力的で残忍.八つ当たりに,常に何かを殺す,壊す,殴る,つばを吐く.
そしておろそしいまでのゲイへの偏見.アメリカどころの騒ぎじゃない.そりゃまともなやつは出ていくか自殺するわ.
北欧って福祉が行き届いて,難民にも寛容で,って言うイメージが何となくあるけど,今まで見た北欧の映画(ベルイマンを除く)って物凄い差別の連続なのよね.近々公開されるスウェーデン映画は「サーミ人への差別」がテーマだし,「きっといい日が待っている」はデンマークの孤児院での子供への虐待がテーマだし,かつて公開された「未来を生きる君たちへ」はデンマーク人によるスウェーデン人への差別が重要なテーマだった.この映画にもSvenと言う名前の「いかにもスウェーデン人」っぽい人が出てくるけど「余所者」だし「関係がバレるとこの村にはいられない」ぐらいの人らしい.
で,ソールとクリスティアンはあまりにも仲が良すぎて「ゲイカップル」みたいな感じでいびられている.
この差別感凄いの.まるで一族郎党村八分になりそう.
もし本当にこんな感じなら,とてもじゃないけどアイスランドなんかには怖くて行けないわ,

2017年7月21日金曜日

安宅丸

先週の「工場萌えに」に続いて,行ってきました「御座船安宅丸」
水上バスに乗ると,たまに見かける大時代な船.何かなと思ったら安宅という船だった.
この船ね.
で,調べてみたら,朝から夜まで色々なコースがあるし,結構楽しめそうなので,「お大尽コース」で行ってきました.
30名ほど入れる「貴賓の間」,貸し切りでした.ヲホホホホ.



お食事も多すぎず,少なすぎずで,あたくしにはちょうどよい分量でした.
 レインボーブリッジをくぐって
 断末魔の朝鮮テレビの前を通って
 ゲートブリッジも見えて
 ガントリークレーンに萌えて
 ハァハァ(;´Д`)…ハァハァ
楽しめます.

2017年7月13日木曜日

工場萌え

はとバスからメールが来た「【WEB限定発表】人気の夜景スポットから出航!川崎工場夜景チャータークルーズ(募集型企画旅行)」いわゆる工場萌え.
やった!!一度行きたかった.
で,Webで申し込んで行ってきました.
まずは,Tokia地下のベルジアンブラッスリーコートで時間調整
17:20丸の内のはとバス乗り場から出発.
まずは銀座キャピタルホテルで早い夕食


そして一路川崎は東扇島へ
この埠頭の地下には千鳥町に続く地下通路があります.一度行きたいです.
到着が少し早かったのですが,はとバス専用のチャーター便なので,早めに出航.
月が綺麗ですね(棒読み)
まだ薄明るいですが.
京浜運河をまずは東に,そしてUターンして.
JRの川崎発電所.先の震災のときには,普段フルパワーでは発電しないここの発電所が,ダウンした東電の発電所を補うため,フルに操業して電気を送ったそうです.
そして,昭和電工の川崎事業場.

なんと美しい.
さて,このあたりは鶴見線という路線が細かく枝分かれして,猶且社員じゃないと降りられないような駅も点在するという,全くの工場地帯.休日には電車の本数もがっくり減ります.
案内してくださったのはこの船会社の操縦士さんでしたが,色々とお詳しく,また,船の運行上のポイントなどもわかりやすく説明してくださって,とても充実した内容でした.
  • 横浜港の照明には青が多く使われているが「ブルーラートヨコハマ」から
  • 横浜のライトがブルーだったのはガス灯の名残
  • 船の舷灯は右が緑,左が赤,見える角度も決まっている
  • マスト灯は前が低く後ろが高く
  • これらを合わせれば,灯火だけで周りの船がどの方角に向かっているのかがわかる.
なんて説明を聞いてたら,まさにそのまんまの航海灯を付けた船と擦れ違いました.
さて,楽しかった1時間半のクルーズを終え,船は首都高をお台場経由,レイボーブリッジを渡って東京駅へ.
楽しゅうございました



ライフ ☆☆☆☆

2017年7月13日 ライフ ☆☆☆☆

んーーーー,ま,「エイリアン」の二番煎じなのだけど,「エイリアン」がすでに「輸送船の乗組員はトラックドライバー並みのステータス」な時代設定だったのに対し,ライフの乗組員は,少なくとも「科学者」であり「宇宙ステーション乗組員」なわけよ.なのに,メンタルが弱い弱い.発狂するは,感情的になるわ,泣くわ,叫ぶは.普通はそういう人間は不適格なんじゃないのかな.
で,火星から土壌を持ち帰って培養したら,なんか増えてきたのよ.で,最初のうちは微生物だと思ってたら,段々多細胞の生き物になってきたの.で,最初に培養した科学者が「公募」で選ばれた名前を付けて愛でたら,突然安全キャビネットのグローブ越しに噛み付いてくるの.
で,逃げ出して,実験用のラットを食ったり,それも,纏わり付いてあっという間に消化してしまう.
で,エイリアンと同じような展開になって,エイリアンと同じように最後に生き残った二人が脱出シュートで逃げる.片方は囮になってシュートごと「ライフ」を宇宙の彼方に送る予定だったのに,地球に到達したのは「ライフ」が乗ったシュートだったって.
んーーーーーアメリカ人のメンタルは全くわからない.
ただ,「エイリアン」や「スターウォーズ」と違って無重力な点は評価できるわね.「スターウォーズ以降「宇宙には重力がある」ことになってしまったから.
映像がきれいで,尺も長くなく,飽きない点は誉めてあげる.

2017年7月3日月曜日

ノルマ☆☆☆

2017年7月2日 藤原歌劇団公演 ノルマ☆☆☆ 於 日生劇場

ノルマ・・・・・・・・・・小川里美
アダルジーザ・・・・・・・米谷朋子
ポリオーネ・・・・・・・・藤田卓也
指揮・・・・・・・・・・・フランチェスコ・ランツィロッタ
演奏・・・・・・・・・・・東京フィルハーモニー交響楽団

まず,ノルマというオペラは,一般的にはベルカントの狂乱オペラの類いの
コロラトゥーラ作品に分類されると思うけど,二幕の後半は殆どカンタータ的な展開になるし,火刑台に消えるノルマとポリオーネと言う感動作であることが解る.
このあたりはCDだけで聴いていても解らない.字幕の付いたオペラの舞台だからこそ解るというもの.
さて,里美ちゃん,まず驚いたのがアジリタの正確なこと.アジリタっていくら練習してもできない歌手もいるのよ.フレーニなんかはアジリタが苦手だったからベルカント物は殆んど歌わなかった.
だからプッチーニのイメージだった里美ちゃんのアジリタには感心した.
でもね,高音が決まらないの.もちろんじっくり出す高音は正確できれいなのだけど,飛び上がる高音は,ぶら下がったり張れなかったり.
後は,あたくしの中で「ノルマ」といえばカラスやスリオティスのイメージなので,もっと強い女でいて欲しかった.
アダルジーザも同じ,メゾとは言えノルマとほぼ同じ音域を出さなければならない.やっぱり高音が弱い.おまけに縮緬ビブラート.
そういうわけで,満足というわけでもないけど,この作品の素晴らしさはよくわかりました.

2017年6月26日月曜日

日本手話

ずーっと前,東横線沿線でお仕事してた時,近くにろう学校があったのか,聴覚が不自由な高校生が団体で乗ってくるのによく出くわした.聴覚が不自由な子達は,表情を思い切り使いながら会話するので「可愛いなあ」と微笑ましく思っていた.
その時に彼らが使う手話と,テレビなんかで出て来る手話通訳の手話と違うんじゃない?と思っていた.
そうしたらTBSの「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル」のポッドキャストでそのあたりのことをやってたの.聴覚障害者が使うのは「日本手話」,通訳が使うのは「日本語対応手話」
日本手話と言うのは聴覚障害者にとってクレオール言語であるのに対し,日本語対応手話は聴者にとっても聴覚障害者にとってもピジンらしいの.
番組の中で,日本語対応手話で「赤ん坊の首が座った」といったら日本手話話者は「椅子の上に赤ん坊の首がおいてあった」と思ってしまった例を挙げていたわ.
日本手話の話者は,日本手話の文法で考えるし話す.一方日本語対応手話は日本語の文法で話す.
さらに日本手話は「顔を隠したら半分も伝わらない」と言われるほど,表情やポーズにも依存する.
かつて,日本の教育では「手話厳禁」が普通だった.方言札と同じような意味もあったけど,緊急時に手話しか使えないと命にかかわることもあったと思う.
ま,今はタブレットがあったりするから,筆談も楽になったと思うけど.
言語学的な検知から,手話を勉強してみたいわ.

あたくしが「あぁ手話が使えたら」と思ったのは,同じように電車の中で手話で騒ぐ高校生達.複数の子供が目まぐるしく手を動かすから「うるさい!」と言いたくなった.

アメリカにはAmslanという手話があるのだけど,これに微妙な方言があるらしいの.で,それを「patois」と呼ぶらしいのだけど,この単語,フランス人に行ったら決闘沙汰になりかねないような差別語なのよね.
手話の「話者」はspeakerじゃなくてsignerね.

2017年6月24日土曜日

ジゼル☆☆☆☆☆

2017年6月24日 ジゼル☆☆☆☆☆ 於 新国立劇場オペラパレス

ジゼル・・・・・・・・・・・米沢 唯
アルベルト・・・・・・・・・井澤 駿
ハンス・・・・・・・・・・・中家正博
ミルタ・・・・・・・・・・・本島美和
指揮・・・・・・・・・・・・アレクセイ・バクラン
演奏・・・・・・・・・・・・東京フィルハーモニー交響楽団

ま~~〜〜驚いた.ジゼルごときで感動しちゃいましたよ.まず指揮者が最高.音楽が,東フィルが,バレエの伴奏なのに見事でした.バチッと合ってました.音も見事に鳴ってました.
で,米沢唯ちゃん見事なジゼルでした.可憐な踊り,そして狂乱の場の,狂うまでの演技.
二幕の浮いているかのような踊り.そして,その唯ちゃんをサポートした駿くん.

駿くんはとにかく華がある.入団直後から「すぐにプリンシパルだな」と思ったら来シーズンはもうプリンシパルです.
で,あの細い体で見事に唯ちゃんをサポートしてました.
かつてルグリが「二幕のジゼルは幽霊だから浮いていなければいけない.持ち上げてはいけない」と強調してましたが,まさにその通り.
「世界一可愛いウドの大木」マリインスキーのシクリャロフが,最初から最後まで「どっこいしょ」「よっこらしょ」だったのに.駿くんのアルベルトは浮いて飛んで行きそうなジゼルを下から捕まえているような,本当に浮いているような踊りでした.
そしてコール・ド・バレエの美しさ.アラベスクで片足ぴょんぴょんで交差する所,珍しく拍手喝采でした.(マールイの時は結構拍手あるけど)
終演後も喝采喝采.いつもならさっさと帰るあたくしも,今日は客電点くまで残りました.
この公演見なかった人,損したわよ.
長年のバレエ仲間,マダムとムッシュにも久しぶりにお会いしました.お二人は最近はプレミエでご鑑賞だとか.ホリデーのあたくしとは日程が合わないことが多かったのですが.お二人が「ボリショイもパリオペも最近は見る価値がない.世界最高のバレエ団は新国よ」同意.

2017年6月17日土曜日

ギャラリー桜林

休日だと言うのに,朝早く起きて,ローカル線の旅
関東鉄道常総線で下館へ
途中駅,水海道.三遊亭円朝の怪談,真景累ヶ淵の舞台です.円朝はこのあたりから千葉県の東葛地域をを広く旅しています.
筑波嶺
いい感じ.
小麦畑.借り入れの時期のようです.
下館で水戸線に乗り換え
筑波山の2つの峰(男体山,女体山)がはっきり見えます.
降りたのは福原駅.バスもタクシーもありません.辛うじて無人駅ではない.
10分程歩くと
常陸国出雲大社.由緒正しい神社ではありません.創建は平成ですし,本家出雲大社からは破門されているらしいです.でもねえ,こんな立派な神社,お金の出所はどこなのでしょう?
物凄い急坂を歩いて登ります.

拝殿は出雲大社を模しています.二礼四拍手一礼です.
御本殿は平安時代以前の古の出雲大社を思わせる建物です.
御朱印も頂戴しました.
拝殿横にテラスがあって,絶景が見られます.
でも,目的地はここではないのです.
境内の坂の下にあるギャラリー桜林

展示品はミヅマギャラリー所属のアーティスト.あたくしが大好きな作家,山口晃,会田誠,池田学,みんなミヅマギャラリー所属なのよ.
で,今回の作品は「ギャラリー桜林と表記してくれれば撮影も投稿もOK」よいうことなので.
ーー以下の作品群はギャラリー桜林で撮影しました.ーー



 即売もしています.「個人蔵」というのはあたくしの夢なのですが





山口晃の傑作漫画「続・無残ノ介」を思わせるこの連作,たったの1500万円ですのよ,奥様.ぜひご家庭にお一つ.
ギャラリーの隣にレストランもあります.天ざる.なかなか立派ですし,美味しゅうございました.
さて,駅へ戻る途中.趣の良い木ですね.鴬も鳴いているし.

駅の跨線橋からの景色も綺麗です.

下館から再度常総線に乗って.真っ直ぐですね.

2017年6月16日金曜日

パリの炎☆☆☆☆

2017年6月15日 ボリショイ・バレエ団 パリの炎☆☆☆☆ 於 東京文化会館大ホール


ジャンヌ・・・・・・・・・・クリスティーナ・クレトワ
フィリップ・・・・・・・・・イワン・ワシーリエフ
ジェローム・・・・・・・・・アレクサンドル・スモリャニノフ
アデリーヌ・・・・・・・・・アナ・トゥラザシヴィリ
候爵・・・・・・・・・・・・イーゴリ・ツヴィルコ
俳優・・・・・・・・・・・・ダヴィド・モッタ・ソアレス
指揮・・・・・・・・・・・・パーヴェル・ソローキン
演奏・・・・・・・・・・・・ボリショイ劇場管弦楽団

最後のPDD以外は殆ど知られてない作品.今上演するのもボリショイとマールイぐらい?
そのマールイからワッシーがゲストですから,平日のソワレで知られてない作品なのにほぼ満席.で,そこまでして上演するような作品でもないとは思うけど,ワッシーはすごかったです.
PDDあまりにも張り切ったので,32回転はシャンシャン手拍子出るし,レヴェランスの時,ワッシーは肩で息しているわ.そこはやはりすごかった.
でも一番の眼福はダヴィド・モッタ・ソアレスくん.ブラジル出身の20才.少年のような体付きとウトゥクシイお顔.今のうちに唾つけておこう.
それにしてもロシアのオケはチューニングが短くて良いわ.

2017年6月6日火曜日

メッセージ☆☆☆

2017年6月6日 メッセージ ☆☆☆

この作品は映画化しないほうが良かったのではないかな?
世界各地に宇宙船がやってきて,乗っていた宇宙人との対話を言語学者に依頼. その宇宙人の言語は「絵」であった.
というような内容ならとても興味深いのだけど,結局言語学者は,その宇宙人と関わることで未来を見ることができるようになり,一緒にこの仕事についた同僚と結婚し,娘を儲け,離婚し,その娘が若くして亡くなることをわかりながらもその同僚と結婚する.
結局よくあるアメリカ映画の安っぽい「私達がまぐわうまで」な映画になってしまっていること.
「アルジャーノンに花束を」も名訳があるからこそ読んで感動するけど,映像にすると今一つなのと同じ値.
ま,映像は素晴らしいし,尺の長さに対してアキないけど,「何だ結局そういうエンディングなのね」感が強いです.