2017年8月13日日曜日

ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣

2017年8月13日 ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣☆☆☆

ここの所バレエ関係のドキュメンタリーが数多く上映されているけど,面白かったのは全くありません.オペラ関係だと,往年の名作「トスカの接吻」始め結構あるのに.
で,ウクライナ生まれのセルヒィ(ウクライナ語だとこの発音になる),ウクライナの田舎のダンス教室からキエフのバレエ学校,ロイヤル・バレエ学校を出てロイヤルバレエ団に入る.そのための費用を稼ぐため父親はポルトガルに,祖母はギリシャに出稼ぎに行く.気がつけば両親は離婚.家族をひとつに纏めるために続けていたバレエのために家族はバラバラに.
バレエ学校を出てロイヤルバレエ団に入り,あっという間にプリンシパルに.ところが突然やめてしまう.アメリカのバレエ団を目指すも,その奇行から声はかからず,ゼレンスキーのいるダンチェンコ劇場にゲストとして参加するもまたゴネ始め,引退を考え,例の2000万回再生されたという「引退記念のビデオ」を撮影するが,あまりの評判に「もう一度踊ろうか」と考える,と言う内容.
映画の中でもあったけど「バレエダンサーには少年時代がない」怪我を恐れるあまり山や川で飛び跳ねて遊んだ経験がない.バレエ学校を出て20才になるかならないかで自分の人生を決めなければならない.
だから,「遅れてきた反抗期」なのよ.いい年ぶっこいて.ゼレンスキーのもとで落ち着いたのだってゼレンスキーがお父さんやってくれたからで,「苦悩」とか表現している人もいるけど,要は反抗期なのよ.
それだけの話.
ロシアのバレ関係のオーディション番組に出るけど,審査員にマラーホフがいたり,ザハロワとのシーンがあったり,賞の縦を渡すのがヴィシニョーワだったりバレエファンにはそこそこありがたいけど.

2017年8月11日金曜日

夏のデナー

デモドリーヌから「暑気払いしない?」のお誘いで,銀座Le Nougatでデナー.
小さいお店ながら非常に繁盛しているお店でした.
アペリティフにシェリーをいただき,デモドリーヌを待つ.

前菜,メインと頼んで「少しお時間かかります」ということなので砂肝のコンフィ(絶品)つまみながらワインを嗜む.
前菜はタコのクスクス・これって,クロアチアのタコサラダにスムール足したようなもんじゃない.美味しい美味しい.
続いて馬のタルタル.おフランスも北の方へ行くと「馬のステーキあります」なんて見ますから.
ケイパーにマヨネーズにムスタール,とても美味しゅうございました.
メインのアニョー.「焼き上がりに1時間かかります」ということで最初に注文しました.でかい.
 でもとても美味しいアニョーなので
ぺろり.
 お腹いっぱいなのでデセールは「ライムのソルベウォッカ添」を頼みました.
ウォッカは「ストップかけてください」まで注いでくださいます.
殆んどカクテル「ウォッカライム」ですね.
でもさらに頼むディジェスティフ.冷凍庫保存の「自家製リモンチェッロ」とても美味しゅうございました.
時間が早かったのでオーバカナル銀座店で
 あたくしはアブサン
デモドリーヌはディアボロマンテ.
で,このリモナーデ,PBじゃね?

フエルサブルータ WA

2017年8月10日 フエルサブルータWA☆☆☆ 於 品川プリンスホテルステラボール

上演前に,オーバカナル高輪店で腹ごしらえ.
ついでに食後酒としてアブサンを.
お店の人から「高輪店に移ってきて3年目ですが,アブサンお出ししたの二杯目です」ですって.
ワイン一杯で長時間呆けーっとするのが好きなんですって言ったら「そういう使い方をしていただくととても嬉しいです」と言っていただきました.
さて,品川プリンスではここの所隣のクラブeXで「ダークシルク」と言う名の「大人向けのサーカス」を上演してます.
その流れの「ライブハウス向けサーカス」かと思ったのに.
確かに装置や場面転換は素晴らしいものがあるけど,全くの素人芸なのよ.
例えばこの芸なんか,舞台の上に風洞を作っているようなもので,それはそれで素晴らしいけど,衣裳と踊りが「The芸者」なのよ.
この水を使った芸も(他にも本水多数),舞台上の奥から樹脂製プールが出てきて下からも見えるというコンセプトは面白いのだけど,水着のお姉ちゃんたちがのたうち回るだけで,美しさも感激もないの.
コンセプトはそのままにシルク・ド・ソレイユにやらせたら一流になるのでは?

2017年8月6日日曜日

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ

2017年8月6日 ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ☆☆☆☆

しがないミルクシェイクマシン売りのレイ,突然入った大量受注にその店を見に行くと,見事なまでにシステマティックな調理と販売をしている「McDonald's」と言う名のハンバーガー屋.メニューは「ハンバーガー,ポテト,ソフトドリンク」だけ.
で,「これ欲しい」と思ったレイはフランチャイズを買って出る.
地元の金持ち仲間にフランチャイズを持ちかけるが,好き放題にされて散々.
そこで,やる気のある人を集めてフランチャイズ開始,店舗はどんどん増えて,それなりに上手く行っているのに自転車操業.銀行からは矢の催促.
そんなときに救世主が,財務コンサルタントのソネンボーンが「君のやるべきことは飲食業じゃない,不動産業だ」ということで,フランチャイジーはマクドナルドからテンポの土地を購入しなければならないシステムにした.
しかし,マクドナルド兄弟は大反対.結局カネで横面を叩いて納めて,自らをファウンダーの名乗る.
ま,よくできた話です.おそらくマクドナルドの協力は無いと思います.最後に実際のレイのインタビューが出てきますが,実に嫌な人間です.

2017年8月3日木曜日

銀魂☆☆☆☆

2017年8月1日 銀魂☆☆☆☆

テレビ放映のアニメは結構見てた.実写版の話を聞いて,「イケメソ俳優ばかり揃えていてもな・・・・」と違和感を感じてましたが,なんのなんの,実にお馬鹿な作品に仕上がってました.でもね,最後のチャンバラがしつこすぎるのと,歌舞伎並みに引っ張るところがあるので減点.
あのね,天下の中村屋よ?その勘九郎さんを「全裸で素振り」させたり「全裸にハチミツ塗って森に立たせ」たり,松竹!もっと真面目にマネジメントしろ!
いやー脳みそ使わない映画って楽しいわ.

2017年7月22日土曜日

ハートストーン☆☆

2017年7月22日 ハートストーン ☆☆

「アイスランドの鄙びた港町,幼馴染のソールとクリスティアン,大親友の二人は」なBLかショタ系の映画なのかな?と思ってたけど,そういったフレーバーもあるけど,アイスランドの田舎町,いや,予告で見た他の北欧映画もそうだけど,恐ろしいほどの偏見と差別があるのよ.
で,この田舎町,日本にもよくある「初体験が同級生なら恋愛も同級生,結婚も不倫も同級生」みたいな過疎の町.その閉塞感なのか,少年達が実に暴力的で残忍.八つ当たりに,常に何かを殺す,壊す,殴る,つばを吐く.
そしておろそしいまでのゲイへの偏見.アメリカどころの騒ぎじゃない.そりゃまともなやつは出ていくか自殺するわ.
北欧って福祉が行き届いて,難民にも寛容で,って言うイメージが何となくあるけど,今まで見た北欧の映画(ベルイマンを除く)って物凄い差別の連続なのよね.近々公開されるスウェーデン映画は「サーミ人への差別」がテーマだし,「きっといい日が待っている」はデンマークの孤児院での子供への虐待がテーマだし,かつて公開された「未来を生きる君たちへ」はデンマーク人によるスウェーデン人への差別が重要なテーマだった.この映画にもSvenと言う名前の「いかにもスウェーデン人」っぽい人が出てくるけど「余所者」だし「関係がバレるとこの村にはいられない」ぐらいの人らしい.
で,ソールとクリスティアンはあまりにも仲が良すぎて「ゲイカップル」みたいな感じでいびられている.
この差別感凄いの.まるで一族郎党村八分になりそう.
もし本当にこんな感じなら,とてもじゃないけどアイスランドなんかには怖くて行けないわ,

2017年7月21日金曜日

安宅丸

先週の「工場萌えに」に続いて,行ってきました「御座船安宅丸」
水上バスに乗ると,たまに見かける大時代な船.何かなと思ったら安宅という船だった.
この船ね.
で,調べてみたら,朝から夜まで色々なコースがあるし,結構楽しめそうなので,「お大尽コース」で行ってきました.
30名ほど入れる「貴賓の間」,貸し切りでした.ヲホホホホ.



お食事も多すぎず,少なすぎずで,あたくしにはちょうどよい分量でした.
 レインボーブリッジをくぐって
 断末魔の朝鮮テレビの前を通って
 ゲートブリッジも見えて
 ガントリークレーンに萌えて
 ハァハァ(;´Д`)…ハァハァ
楽しめます.

2017年7月13日木曜日

工場萌え

はとバスからメールが来た「【WEB限定発表】人気の夜景スポットから出航!川崎工場夜景チャータークルーズ(募集型企画旅行)」いわゆる工場萌え.
やった!!一度行きたかった.
で,Webで申し込んで行ってきました.
まずは,Tokia地下のベルジアンブラッスリーコートで時間調整
17:20丸の内のはとバス乗り場から出発.
まずは銀座キャピタルホテルで早い夕食


そして一路川崎は東扇島へ
この埠頭の地下には千鳥町に続く地下通路があります.一度行きたいです.
到着が少し早かったのですが,はとバス専用のチャーター便なので,早めに出航.
月が綺麗ですね(棒読み)
まだ薄明るいですが.
京浜運河をまずは東に,そしてUターンして.
JRの川崎発電所.先の震災のときには,普段フルパワーでは発電しないここの発電所が,ダウンした東電の発電所を補うため,フルに操業して電気を送ったそうです.
そして,昭和電工の川崎事業場.

なんと美しい.
さて,このあたりは鶴見線という路線が細かく枝分かれして,猶且社員じゃないと降りられないような駅も点在するという,全くの工場地帯.休日には電車の本数もがっくり減ります.
案内してくださったのはこの船会社の操縦士さんでしたが,色々とお詳しく,また,船の運行上のポイントなどもわかりやすく説明してくださって,とても充実した内容でした.
  • 横浜港の照明には青が多く使われているが「ブルーラートヨコハマ」から
  • 横浜のライトがブルーだったのはガス灯の名残
  • 船の舷灯は右が緑,左が赤,見える角度も決まっている
  • マスト灯は前が低く後ろが高く
  • これらを合わせれば,灯火だけで周りの船がどの方角に向かっているのかがわかる.
なんて説明を聞いてたら,まさにそのまんまの航海灯を付けた船と擦れ違いました.
さて,楽しかった1時間半のクルーズを終え,船は首都高をお台場経由,レイボーブリッジを渡って東京駅へ.
楽しゅうございました



ライフ ☆☆☆☆

2017年7月13日 ライフ ☆☆☆☆

んーーーー,ま,「エイリアン」の二番煎じなのだけど,「エイリアン」がすでに「輸送船の乗組員はトラックドライバー並みのステータス」な時代設定だったのに対し,ライフの乗組員は,少なくとも「科学者」であり「宇宙ステーション乗組員」なわけよ.なのに,メンタルが弱い弱い.発狂するは,感情的になるわ,泣くわ,叫ぶは.普通はそういう人間は不適格なんじゃないのかな.
で,火星から土壌を持ち帰って培養したら,なんか増えてきたのよ.で,最初のうちは微生物だと思ってたら,段々多細胞の生き物になってきたの.で,最初に培養した科学者が「公募」で選ばれた名前を付けて愛でたら,突然安全キャビネットのグローブ越しに噛み付いてくるの.
で,逃げ出して,実験用のラットを食ったり,それも,纏わり付いてあっという間に消化してしまう.
で,エイリアンと同じような展開になって,エイリアンと同じように最後に生き残った二人が脱出シュートで逃げる.片方は囮になってシュートごと「ライフ」を宇宙の彼方に送る予定だったのに,地球に到達したのは「ライフ」が乗ったシュートだったって.
んーーーーーアメリカ人のメンタルは全くわからない.
ただ,「エイリアン」や「スターウォーズ」と違って無重力な点は評価できるわね.「スターウォーズ以降「宇宙には重力がある」ことになってしまったから.
映像がきれいで,尺も長くなく,飽きない点は誉めてあげる.

2017年7月3日月曜日

ノルマ☆☆☆

2017年7月2日 藤原歌劇団公演 ノルマ☆☆☆ 於 日生劇場

ノルマ・・・・・・・・・・小川里美
アダルジーザ・・・・・・・米谷朋子
ポリオーネ・・・・・・・・藤田卓也
指揮・・・・・・・・・・・フランチェスコ・ランツィロッタ
演奏・・・・・・・・・・・東京フィルハーモニー交響楽団

まず,ノルマというオペラは,一般的にはベルカントの狂乱オペラの類いの
コロラトゥーラ作品に分類されると思うけど,二幕の後半は殆どカンタータ的な展開になるし,火刑台に消えるノルマとポリオーネと言う感動作であることが解る.
このあたりはCDだけで聴いていても解らない.字幕の付いたオペラの舞台だからこそ解るというもの.
さて,里美ちゃん,まず驚いたのがアジリタの正確なこと.アジリタっていくら練習してもできない歌手もいるのよ.フレーニなんかはアジリタが苦手だったからベルカント物は殆んど歌わなかった.
だからプッチーニのイメージだった里美ちゃんのアジリタには感心した.
でもね,高音が決まらないの.もちろんじっくり出す高音は正確できれいなのだけど,飛び上がる高音は,ぶら下がったり張れなかったり.
後は,あたくしの中で「ノルマ」といえばカラスやスリオティスのイメージなので,もっと強い女でいて欲しかった.
アダルジーザも同じ,メゾとは言えノルマとほぼ同じ音域を出さなければならない.やっぱり高音が弱い.おまけに縮緬ビブラート.
そういうわけで,満足というわけでもないけど,この作品の素晴らしさはよくわかりました.